不動産投資でも失敗はする

空室保証のある不動産

空室保証とは、仮に空室が発生した場合でも少しは収入を得られるようにするシステムです。
このシステムを使うときは、手数料が発生します。
強制的に付けなければいけないシステムではないので、手数料を惜しんで搭載しない人がいます。
ですが、空室の状態がずっと続けば、その期間内は収入を得ることができません。
早く入居者を見つければ良いですが、簡単なことではないでしょう。

入居者を見つけることの難しさをあとから知って、空室保証をつけた方が良かったと後悔する人が続出しています。
そのまま入居者が見つからなくて、失敗に終わってしまう人もいます。
万が一のことも考えて、不動産投資をするときは空室保証を付けた方が良いかもしれません。

一般管理は大変

一般管理にした場合は、全て自分でお金を支払って管理しなければいけません。
手数料が発生しないので一般管理を選択する人がいます。
しかし一般管理にした場合は、部屋のクリーニングも自分で済ませないといけません。
入居者が出て行くたびにクリーニングの必要があるので、入れ替わりが激しくなると出費が大きくなります。

自分が所有している不動産を考えて、どのように管理するか決めてください。
サラリーマンや学生が多い不動産だったら、入れ替わりが激しくなる恐れがあるので一般管理にすると失敗します。
家族や夫婦が一生暮らしていくようなアパートやマンションだと、入れ替わりがそこまで少なくないので一般管理でもやっていけるかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る