見えない部分がある

税金が発生する

大きなアパートやマンションを管理するときは、税金が発生します。
その部分を見落として、不動産投資を失敗する人がいます。
部屋数の多い不動産を購入すれば入居者も増えて、たくさんの利益を得られます。
ですがその分、支払う税金が大きくなると忘れないでください。
収入だけを見ると大きな金額なので、そのような不動産を選択する人がいます。

ですが税金が発生することを忘れないで、毎年どのくらいのお金を収めれば良いのか調べてください。
税金と毎月得られる収入を考えて、収入の方が多ければ問題ありません。
失敗する人の多くは、収入よりも収める税金の方が高くなっています。
入居者がスムーズに増えるとも限りません。
空室が目立つときは、赤字になります。

維持するためのお金

不動産投資を失敗する人がいますが、最初から失敗するわけではありません。
最初は、順調に資産を増やすことができていた人もいます。
ですが修理のことを考えていなかったことが原因で、入居者が減ってだんだん収入を得ることができなくなります。
アパートやマンションを管理するときは、必ず劣化するので定期的な修理が必要になると思ってください。

リフォームする場所にもよりますが、50万円から100万円の支出になります。
何年かに1回で良いので、これまでに得てきた収入を修理費用として残しておくと、問題なくリフォームできると思います。
修理のことを忘れて得たお金を全部使ってしまうと、管理している不動産が壊れたときに対応できなくなります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る